釣りって何種類ものロッドやリール、針やラインがあるわけですが、とりわけバス釣りはロッドの種類が多い。

理由はいろいろあるけど、芯にあるものとしては適材適所。
ルアーや糸、ラインや場所に合わせてみるといろいろ選択が増える。


こういうのでよく似ているな〜と思うのが、ボウリング。
ボウリングもいっぱいボールの種類があります。
ハウスボール(ボウリング場に備え付けてあるボール)なら気にならないのでしょうが、ちゃんとしたボールだとその種類によって曲がる、曲がらないがはっきり出ます。
しかも曲がるタイミングが最初のほうなのか最後なのか、とか。
しかも投げる人の癖や投球速度によっても変わる。
もちろん癖や速度もその日の体調によって変わってくる。
それを適材適所に選択すると、マイボールの種類がどんどん増える。


趣味ってお金がかかりますね、やっぱ。