塩サバとキュウリのさっぱりちらし寿司
 

コメント

キュウリやみょうがをたっぷり加えた酢飯に、塩サバをほぐして加えアクセントに。青臭いイメージのある塩サバも、キュウリや酢飯と一緒に食べるとさっぱりと頂けます。父の日などにお父さんに作ってあげたら喜ばれそうです。

材料2人分

 
塩サバ
1枚
 
キュウリ
1/2本
 
みょうが
2個
 
白ごま
適量
  【すし飯】  
 
1.5合
A
米酢
大さじ2
A
砂糖
大さじ1
A
小さじ1
  【錦糸卵】  
 
2個
B
出汁
大さじ1
B
ひとつまみ
 
青ネギ(小口切り)
適量
 
紅ショウガ
適宜

作り方

1

【すし飯を作る】
米は洗って、やや少なめの水加減で炊き、炊き上がったらAを加えて全体をさっくりと混ぜ、冷ましておく。
 

2

【錦糸卵を作る】
ボウルに卵を割り入れてほぐし、Bを加えて良く混ぜる。一旦濾してからフライパンで薄く焼く。両面を焼いて取り出し、冷めたら細切りにする。
 

3

塩サバは魚焼きグリルで普通に焼き、骨と皮を取り除き、身をほぐしておく。
キュウリは薄い輪切りにし、塩少々(分量外)をふって5分ほど置き、水分が出たらしっかり水気を切っておく。
みょうがは縦半分に切って千切りにする。
 

4

1のすし飯に、3と白ごまを加えて全体をさっくりと混ぜ、器に盛る。
2の錦糸卵をほぐしながらふんわりとのせ、青ネギを散らす。好みで紅ショウガを添えて頂く。
 

ポイント

塩サバの他に、鯵の干物でも美味しく作れます。薬味をたっぷり使うと、魚の生臭さが気になりません。