(プロムナード)情報の海という誘惑 内田麻理香 :日本経済新聞

 

 原稿が遅いことの言い訳という、情けない話です。昔は逃避といえば、部屋の掃除が定番だったような気がしますが、今はネットという底なし沼が。どちらがマシかはわかりません(逃避としての掃除だって、結局片付かないし)。

 本文中に吉田戦車氏のマンガを出しましたが、このエッセイも、逃避としてのご飯作り。素晴らしいです。

 

逃避めし

逃避めし

  • 作者: 吉田戦車
  • 出版社/メーカー: イースト・プレス
  • 発売日: 2011/07/12
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 7人 クリック: 215回
  • この商品を含むブログ (28件) を見る